穏やかな日

社会人3年目

時間だけは過ぎて

たまに、はてなブログから1年前の今日のブログですって通知がきて少し照れくさいけど懐かしい気持ちとまだ1年前だから少しその時の気持ちも記憶に思い出せるくらいの感情で読み返したりしてたけど書くのは遠のいてて、久々に書く

人様の日常の暮らしとか思ったことを書いているブログが好きで、進行形で更新されてる人のを見ると何か安心するし、数年前で更新が止まってる人を見るとちょっと寂しい。大抵のストップしたブログの人がそうだけど、別れの挨拶もなしに突然更新がストップする。自分がブログ始める前は、突然更新が止まると生活に何かあったのかな?とか思ってたけど、ブログ書くようになって分かったのは、理由はないね。

単純に忘れてたり、何かがあるわけじゃないけど気分が向かなかったり他のアプリで忙しかったりさ。私だって存在自体忘れてた。ネットサーフィンしとはてなブログに辿り着いて思い出した。そういうときにまた書ける場所があるのはうれしい。断捨離人間だけど削除しなくてよかった。

自分がここに戻ってくるタイミングっていうのは、ふんわりとした行き詰まりとか不安とか感じてるときなのかな~とたった今ふと感じた。

最近は、大学生活が暗くて地味な生活だったからか青春コンプレックス?みたいなのが湧いてきて、その時はその時なりに精一杯だったのかなと今は優しい気持ちになれたり、いや、まだなれない。。

今は自分で選んだ道ですべて自分の意志で手にしてる生活なのだけど、公務員試験挫折したこととか、やっぱり中途半端に諦めてた過去が自分を引っ張ってるなあと感じます。親が口酸っぱく勉強しろって言ってたことが今ようやく本当の意味で理解できています。基礎学力の大切さ、な。お父さんが何度も何度も、学生時代の数年間だけ頑張って大変な思いをすれば、その後の何十年という人生が楽できるんだぞって言ってたのをはっきり思い出す。子供の私もその通りだとは思ってたけど、なかなか実行できなかった。楽な道を選んできた人生。
今の仕事も給料も仕事内容も安定してるし残業も少ないホワイト?なのに、こういう気持ちになるのは何でだろう。多分今の人生がイケてないからだろう。自分のイケてるってなんだろう?私の人生いつも隣の芝生は青い。結婚したら専業主婦になろうとかまで考え始めてて怖くなった。絶対仕事辞めたらダメだ。やめるもんか。自分の人生自分で稼ぐのだ。

部屋が暗くて狭いせいだ。思考が狭まる。