読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穏やかな日

もーいーくつねーるーと4年生

就活と卒論

4月ももうすぐ終わるのか。

就活だけしてると徐々にモチベーションがさがってきた。

だんだん働くイメージが沸かなくなってきて、1番最悪な「とりあえず」でいいやという気持ちが心を占めるようになってきた。もう絶対会社の口コミは見ないと誓う。

しかも、締切日とか意識しないどころかメモさえしなくなってるし、机の上はESの残骸でぐちゃぐちゃなのに気にならない。ESも色んなファイルに挟んで何が何やら状態。片付けよう。リフレッシュしたい。

 

今日は一日休みなので、気分転換しよう。私の気分転換は自転車で近所をウロウロすること。なんてチープでエコなんだろう。涙ちょちょぎれる。

 

最近の就活以外は、初めて教授にメール送ったことかな。形式とか面倒だなと思ってなかなか進まなかったけど結果送ってよかった。想像してた10倍のアドバイスしてくれて、ああ本当に専門家なんだなあって思った。そして講義なんて先生のなかの耳垢レベルの内容なんだろうなと。そして卒論は一応決めたけど、先生にアドバイスもらったことで本当に逃げられなくなった。というか、一人の問題ではなくなってしまった。本気でやり遂げなければいけない義務発生。逆に燃えるわ。絶対いい卒論にしよう。でもどうやって。まずは資料請求からだな....って請求したらホイって届くなら楽やん。0ベースから自分で探さないとあかんのだ。そうだ、就活終わるまでは一ヶ月に3回程度卒論に充てる時間作ろう。時間設定してその時間でせっせとまず資料探してコピーして集めて読もう。就活してたら卒論なんて考えられないと思ったけど逆に気分転換になっていいのかも。誰よりも取り上げるテーマ決まらなくて焦ってたけど今はこのテーマにして何も悔いはない。悔いはない気持ちってイイネ。心が晴れる。自信もって取り組める。

 

面接、ふりかえり

2社目の一次面接を受けた。リクルーター面談のような面接で、面接だけどリラックスした談笑のような雰囲気だった。とても話しやすくて、色々話せたなあってさっきまで満足してたけど、具体的に思い出してみると、あれ、私、馴れ馴れしすぎやしなかったか?

思い出せば出すほど、話しやすいことを良いことに段々おしゃべり気分になっていたわ………面接のいろはをすべて忘れてただ質問通りに工夫せず話してしまった…「すべての質問には意図がある」ことを全く意識してなかった。

つまり、今回の面接の収穫は、穏やかな雰囲気こと恐ろしいということだ。学生を安心させ本来の姿を見ようとしていることを痛感。そして内容だけではなく視線や表情に注目しているのだと実感。
馴れ馴れしさを排除しつつも普段通り話すって難易度高い。練習あるのみだと再確認。

そして今さらだけど私の強みや雰囲気は自分の志望業界には合ってないよなあと考え中。
そして今日、第一志望のESを郵送。結果の前に明日までに絶対絶対届きますように。速達で送ってしかも追跡調査までつけた。というか明日必着を前日に郵送する自分一発殴られよう。何度同じ後悔をしてもギリギリ提出癖が直らない。そういえば期末テストも前日の深夜に半べそかきながら暗記してたなあ。

今のところESは全部通過してるので嬉しい。特に今日選考結果通知届いた企業は通るかドキドキだったので思わずガッツポーズ。しかし次は適性検査だ…
でも悩みの種は、第一志望の企業の求める人物像と自分の強みがマッチしてないというか、まあ全員が全員似たような性格を採用するわけではないけど、あきらかに自分の強みは生かせないだろうし、それはESの時点で判断されそうだなあ。うん、でももし通過出来なかったらこれこそご縁がなかったということかな。でもなあ、そんなこと言ってじゃあ自分は本当は何がやりたいのか?って問いからやり直すことになる。あぁ混乱。

単調・平凡。やりがい

第一志望の会社のESを書くぞ~とやる気になって公式HPとかサイト色々見て、みんしゅうとか企業評判サイト見たら、一気にモチベーションダウン。見なきゃよかった。いや、現実を知れたからよかった?福利厚生の面は文句なしだけど、仕事内容は単調でやりがいがないらしい。しかも初任給は妥当だったけど、全体的に低いらしい。仕事は仕事と割り切って私生活を大切にしたい人がおすすめらしい。。。だめだ。。悪いところしか目がいかない。。年齢層高くて年功序列で評価制度が曖昧。

 

いやあ、そんなもんでしょ。仕事って。単純作業って書いてあるけど、どんな仕事だって同じ作業の繰り返しだよね?総合職で入ってもほとんどの人は営業でしょ?説明会で説明されるような花形の仕事なんて一部でしょ?営業だって来る日も来る日も得意先に行くんでしょ?公務員だってほとんどの人は同じ事務作業の繰り返しでしょ?

大手の総合職なら確かに給料もいいしやりがいもあるけれど、絶対定時じゃ帰れないだろうしさ。

なんだろう、突然怖くなった。自分が仕事に何を求めてるんだっけ。軸がぶれてきた。働くの怖いレベルまで落ちた。てか大手総合職か第一志望の総合事務職かって悩んでるけど、それは内定出てから悩むことだろ自分...もはや妄想の世界。その前に目の前のやるべきことをしよう。無駄な悩みだわ。あれ、5分前までの絶望消えた。初めて文章書きながら頭の整理できたの実感。

 

隣の留学センターでは留学報告会やってる。いいな。うらやましいな。おなか減ったから学食食べよう。今日は定期忘れて交通費余計にかかるから節約しよう。

進まない

土砂降りだったので学校まで送迎してもらった。ところまではよかった。スマホとパスケースを忘れた。たぶん机の上だろうな...あぁ悲しけり。集中して取り組めというお告げなのかもしれない。しかしPCはある。ESに適当なこと書いて提出したら、さらにそれについて具体的に書いて面接当日提出しろという鬼のようなESが目の前にある。やべえよ。お節介が弱みなんて書かなきゃよかった。お節介と対極にいるのに。なんでそんなこと書いたんだよじぶううううううん。もっと実のある弱みを書くべきだった。思いつかないけど。やっぱり締め切りギリギリに焦って書いた自分が悪い。自業自得。因果応報?ポジティブに生きよう。とにかくESが進まない。進まない。

もう一度自己PRも長所も見直したいけどそんな時間もないけどこのままスラスラも書けそうにないし時間だけが過ぎていく...