穏やかな日

社会人になりました

卒業できるみたい

卒論提出後に論文の体裁ミスを発見し、その場に立っていられなくなるほどに絶望し、本気で飛び降りについて考えたり、文章にするとちっぽけで中学二年生みたいなのだけど、本当に死ぬ精神状態だった。1ヶ月経ってゼミ飲み会で開口一番「私は卒業できますか」と教授に聞き、へ?みんな合格だよぅと言われ、言われたのに信じられなくて、酒はまずいままだったけど、よく考えたら卒業できるみたい。この絶望は、大学受験で滑り止めにも落ちたとき以来。もうね、もう2度とこんな思いをしないために仕事は丁寧にしようって心に誓うどころか、入れ墨したいくらいです。とにかく卒業できそう。実感ない。

 

明日は口頭試問。