穏やかな日

もーいーくつねーるーと4年生

キョリカン

最近まで友達とは何でも話せる深い関係になりたい?(そういう人を何人か持ちたい)と思ってたと思う。何でも話せることが良いと思ってた。だから親友と思う子には今は全くちがう世界で生きてるけど何となく繋ぎ止めておきたい気持ちがあったから、たまに会ったりしてたと思う。まあ別にそんなこと考えたこともなかったけど。ようは親友とか友達とかそういう言葉に縛られてたな~って思う。

益田ミリのエッセイで、なんとなくでいい、なんとなくいい関係って話がでてきて、フッと今まで言葉に縛られてた重みがなくなった。

親友だから会うんじゃない。
なんでも話せることが良いわけじゃない。
そう思ったら人に会いたくなってきた。
大学の友達はお互い知っているようで知らないことが多い人が多いけど、この関係性も悪くないと思える。むしろフラットしてて好き。