穏やかな日

もーいーくつねーるーと4年生

なんだ、布団のなかでうじうじしてるより、机に向かって企業研究してたほうが心が何倍も楽。不安なら不安なぶんだけ、気が済むだけノート埋めればいい。内容はさておき、なにもしないよりは安心する。

机に向かうまでが難しいんだよなあ。みつを

だめだめ

だめだめな日々を送っている。朝ごはん食べてまた寝て2時頃からようやく行動するもすぐ夜になって寝る。なんだこれ、あかんやろ。
やらないといけないと分かってるし、他のことしてるとやる気でてくるのに、いざ机に向かうとなると突然停止してベットにごろん。
今日はついに面接ぶっちした。ド大手の集団面接だったから端から無理だしって気持ちと全く企業研究も何も準備してなかったからやめた。最悪最低。
何より面接さえも逃げ始めた。公務員試験から逃げ、民間にシフトし、ついにワーホリで海外行こうかなとか考えだした。さらに明日までの郵送のESは結局書かず。ただ大手ってだけで絞った罰が今きてる感じ……

ただいま本当に苦しい。お祈りメール来ても全く落ち込まないでケロッとしていたから、みんなお祈りされたら自己否定された気になるとか大げさーとかまで思ってたのに、ここにきてじわじわ心がやられている。次の面接が怖い。準備段階で、どうせ無理って思ってしまって手につかない。やる気がでない。準備しても、準備の方向性あってんのかなって不安が続くし。はあ。逃げるな自分。10社落ちて当たり前っていうけど、もうそれ信じてとりあえず10社落ちるまでは今の方向性信じてやろう。もうワケワカメ。そしてこのタイミングて「何者」がレンタル開始するらしいけど絶対見ない。見たら死ぬ。。。


あとやっぱり不規則な生活もよくないよね。明らかな体調不良になるだけではなくて、こういう気持ちが沈みやすくなったりにも影響してるよなー。
朝起きてすぐ取り組めないなら、外に出てストレッチして行動してみよう。せっかくここに書いたんだから実行させよう自分。
夜は気持ちが沈んで負のループに陥りやすいから就活は朝と昼に終わらせて、スマホもいじりすぎだから控えよう。今書きながら今しないといけないことを明日の朝に先伸ばしさせようとしていることに気づく。ちーーーーん。

明日は面接です。練習用に参加したまったく希望していない、むしろ絶対働きたくない職種だけど、とりあえず面接ふぁいとです。そのあと友達に会うんだ!金欠だからお弁当持っていこっと!!!!!!はははははは!!!!!!!!!

はじまる

GWが水のように流れていった。ほんと水のようだった。

お菓子も飲むように食べてしまったし体を浄化させたい。今朝はお粥食べた。

昼はほうれん草ゆでて夜はご飯少なめにしよう。

 

明日から面接2つ控えてるしゼミの発表も近づいてるしドンヨリ。天気も寒いし。

ほぼ毎日休みなのにGWはGWらしく休んで今日はなぜかシャキッとしている。不思議。正直休むほうが辛いともいえる。何かしてたほうがマシ。

 

つかES郵送したやつってサイレントなんかな?マイページないし。

んだよー、期待だけさせるんじゃないよまったく。

 

目先の楽しいことに逃げてる今日この頃

受験勉強のように就活に励もう

 

はじまるはじまるはじまる~

 

 

日焼けと決意

GWにぴったしな快晴。雲ひとつない。
歯磨きを庭でしてみた。10分外にいただけなのに顔がヒリヒリする。毎年日焼けを恐れてたし今も白いねと言われるとうれしいしまだ日焼けしてもいいやとは吹っ切れられないけど、ハワイで日焼けするならいいやと思える。普段の生活で日焼けするのは許せないけれど楽しい思いでのひとつとして日焼けするならいい。だから今は日焼けしたい。(=旅行に行きたいということだ。)

最近の決意、
就職したら絶対家を出る。自立するわ。
実家暮らしには人間的成長に限界があると思うこの頃。というか22年間一緒に暮らして、もう十分だ。育ててくれた感謝は一人で立派に生きていくことで証明するものだよね。希望は道外で、最低でも市外に出よう。市内には残らない場所で働く。
就活する前にはなかった考えだなあ。はじめの頃は、全国転勤したいなんて思ってたけどそんなの夢のまた夢だと思ってて、その次は市内に支所があればいいってなって、でも、よくよく考えたら、地元にこだわる理由はないって気づいた。
就活していて、はじめの頃と軸が変わることは当たり前だし全然変わっていいと思う。むしろ変わることは、よく動いたり考えたりした結果だ。


いつか地元に残っていればよかったって後悔するのかもしれないけど、このまま地元に残って本州に行ってみたいという気持ちを持ち続ける後悔なら断然前者を選ぶ。
新たな決意ができたことで、私の就活も第2クールを迎えそうです。合説に参加する企業が圧倒的に少なくて焦るけど、とにかくもう一度やり直そう。